広告

発生主義会計と現金主義会計の違いを理解してみる

現金会計といえば、誰もが聞いたことがあるでしょう。

発生主義会計についても聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これらの用語は実際には何を意味し、あなたのビジネスにどのような影響を与えるのでしょうか?

今回は、これらの会計用語の意味を理解し、財務上の意思決定に役立つ実用的なアドバイスを提供することで、社会人にわかりやすい言葉で説明してみたいと思います。

発生主義会計とは?

まずはじめに発生主義会計とは?

発生主義会計とは、現金の授受があった時点ではなく、収益と費用がそれぞれ発生した時点で計上する会計方法です

この方法は、支払いが行われたかどうかにかかわらず、一定期間に発生したすべての取引を含むため、企業の財務状況をより正確に把握することができます。

 

発生主義会計を、庭に種を植えるようなものだと考えてみましょう。

 

種(費用)を植え、果実(収益)がまだ見えないにもかかわらず、心を込めて手入れをする。

しかし、やがて実がなることは分かっている。

 

というわけで、発生主義会計とは、種を認め、実を期待することと同じなのです。

現金主義会計とは?

一方、現金主義会計は、現金が実際に入金された時、または現金が支払われた時にのみ収益と費用を計上する方法です

この方法によって、ビジネスが常にどれだけの現金を持っているかが明確になります。

先ほどの例えで言えば、現金会計は、植えた種ではなく、手にした果実だけを数えるようなものですね。

 

では、次に発生主義会計と現金会計の違いについてまとめてみたいと思います。

発生主義と現金主義の違いとは?

この2つの会計方法の主な違いを見てみましょう。

発生主義会計現金主義会計
取引のタイミング取引は発生した時点で直ちに記録される取引は現金の受払いがあった時にのみ記録される
財務の健全性将来予想される収益と現在発生している費用を含むため、企業の財務の健全性を長期的に見ることができるキャッシュ・フローに基づく当面の財務状況のスナップショットを提供する
複雑さと時間現金主義会計に比べ、債権と債務を追跡する必要があるため、より複雑で時間がかかる現金会計は手元の現金のみを追跡するため、よりシンプルで時間もかからない
税務上の考慮点収入はあるがまだ受け取っていない収益に対して税金を支払う必要があるかもしれない実際に受け取った現金に対してのみ税金を支払うことになる
広告

どちらが最適でしょうか?

発生主義会計と現金主義会計のどちらを選択するかは、ビジネスのニーズによって大きく異なります。

単純な取引を行う小規模なビジネスであれば、現金主義会計は実現可能な選択肢かもしれません。

しかし、取引件数が多かったり、信用取引を伴ったり、GAAP(一般に公正妥当と認められた会計原則)に従わなければならない場合は、発生主義会計の方が適しているかもしれません。

まとめ

発生主義会計と現金主義会計のどちらを選択するかは、「より良い」選択肢を選ぶということではなく、どちらの方法が自社のビジネスモデルと財務管理のニーズに最も効果的に合っているかを理解することです。

正しい会計方法を選択することは、健全な財務上の意思決定を行い、将来の財務の健全性を予測し、円滑な事業運営を確保する上で極めて重要であることを忘れてはいけません。

どの方法が最も適しているかわからない場合は、財務アドバイザーや会計士に相談してください。

以上、発生主義会計と現金主義会計について、シンプルかつ包括的に見てきました。

最初は複雑に感じるかもしれませんが、少し練習すれば、これらの概念をプロのように操れるようになるでしょう。

広告



広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、トイレ、浴室など水回り関係の樹脂製品を主に製作しております。

CTR IMG