広告

チャタリングとは?

 

マウスが誤作動を起こしてワンクリックしたはずが、

ダブルクリックになってしまう現象のことをいいます。

 

原因としては

静電気、温度変化、電池の劣化、内部の故障などが

あげられています。

温度変化というのは、なぜか寒くなると起こりやすく

なるそうです。

 

ではそのチャタリングの直し方とはどんな方法なのでしょうか?

ケーブル類を全て抜き、空クリックを10~20回行う

これで、大方直るといわれています。

しかし、空クリックをして治っても、

それが一時的なことが結構あり、

その後もだましだまし使うことになるパターンが多いようですね。

 

5分10分で元通りに戻ってしまうほど

重傷な場合もあり、

そういうときは思い切って使用をやめた方が無難です。

 

 

 

 

ここで諦めるようでしたらそもそも

この記事を書いている意味はないわけです。

そう、私が実証した別の直し方を書こうと思います。

 

まず、チャタリングが起こってしまったマウスは

しばらく使わないでください

 

配線を取り外して別のマウスを使ってください。

 

何日か放置したほうが良いです。

1日でもいいかもしれませんし、

2~3日でもいいかもしれません。

使わないといっても有線の場合はUSBケーブルを外して、

無線の場合は電池を抜かないと意味がありません。

 

 

 

そしてしばらくしてから再び接続してみてください

 

なぜか普通に直ってて以前と同じように使えるようになっています。

 

これで見事解消した場合の原因はおそらく滞留電気によるものの場合のみで

そもそも内部の機械的な故障だった場合は直らないと思います。

今回は滞留した電気が抜けるのに時間がかかった場合の解決方法ですが

チャタリングが起こるケースの大半がこれではないかと思われます。

 

チャタリングキャンセラ

 

またフリーソフトでチャタリングキャンセラ

というものもあります。

チャタリングキャンセラ

これは、極端に短いダブルクリックをシングルクリックに自動修正する

フリーソフトです。

これも試したことがあるのですが、私の場合は全然直らなかったうえに

普段の使用感にもちょっとだけ違和感があり、

即アンインストールしました。

 

ということでチャタリングの直し方は、

滞留電気を逃がすまでしばらく放置です。

これで暫く直るケースもあります。

 

 


人気ブログランキング

最新情報をチェックしよう!
広告
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

CTR IMG