動画編集は初心者でも副業にできる?稼ぐまでに必要なポイントを解説

動画編集の副業についてこのようなお悩みはありませんか?

 

「動画編集の仕事内容や作業の流れは?」

「動画編集は初心者でもできる?」

「動画編集に必要なPCスペックや編集ソフトは?」

「動画編集を副業にするメリット・注意点は?」

 

現在のインターネットでは動画コンテンツの需要が非常に高まっているため、企業や個人が動画編集を外部に依頼することが増えています。

 

このような市場の変化により、副業をしている方やフリーランスの方には多くの動画編集の案件が依頼されていますので、これから副業を始める方にとっても動画編集の市場はかなり狙い目なのです。

 

とはいえ、動画編集がどのような仕事内容なのか、どんなことが必要なのかについて分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、動画編集の仕事内容や必要な機材・ソフト、稼げる金額、さらには副業にするメリット・注意点を解説していきます。

動画編集の仕事内容は?

動画編集を副業としておこなう場合、動画を作成するときに必要な「企画」「構成」「撮影」「編集」のうち、「編集」のみをおこなう案件が多いです。

 

もちろん、持っているスキルによっては企画から編集までを担当する場合もありますが、クラウドソーシングサイトなどで募集されている案件の多くは編集のみを担当する内容となっていますので、基本的には副業の動画編集=編集のみと考えておくといいでしょう。

動画編集の作業の流れ

動画編集の作業の流れとしては、まずクライアントから提供される撮影素材をパソコンなどで読み込み、作業する流れになります。

 

動画編集の作業内容はクライアントの依頼内容によっても異なりますが、基本的には下記の内容となります。

 

・カット

・つなぎ

・BGMや効果音の挿入

・テロップやテキストの挿入

・エフェクト

・アニメーション

・カラーグレーディング(色彩補正)

・動画を書き出して納品

 

このように、動画編集にはさまざまな技術が求められますが、案件の内容によってはカット・つなぎ・テロップ挿入だけで完了する内容もありますので、すべての技術を習得していなければ動画編集を副業にすることができないということはありません。

動画編集を副業にするときに用意する機材やソフトは?

動画編集を副業にするためには本格的な機材やソフトを用意しなければならないというイメージを持っている方も多いと思います。

 

確かにパソコンは高額な機材になりますが、パソコンは動画編集以外にも使用することができるため、無駄な出費にはならないでしょう。

 

パソコンを選ぶときに見るポイントは、CPU・メモリ(RAM)・ストレージ(HDD、SSD)・GPU(グラフィックボード)の4つとなっており、動画編集をスムーズにおこなうことのできる推奨スペックは下記の通りです。

 

・CPU:Windowsの場合、Core i7以上、Macの場合、M1チップもしくはM2チップ

・メモリ:8GBもしくは16GB

・ストレージ:SSD 256GB以上

・GPU:GTX1060以上

 

上記のスペックを満たしていればWindowsでもMacでも問題はありませんが、あまりにも低スペックのPCを用意してしまうと動画編集に時間がかかってしまうため、副業としておこなうのが難しくなってしまうためスペックには注意しましょう。

 

また、動画編集に使用する動画編集ソフトは、日本でも代表的な「Adobe Premiere Pro」を使用することがオススメです。

 

動画編集ソフトには、iMovieなどの優秀な無料ソフトもありますが、無料ソフトのクオリティでは仕事として動画編集をすることは難しいです。

広告

動画編集を副業にするのは初心者には厳しい?

初心者から動画編集を副業にするのは難しいと思われがちですが、実は今まで動画編集をしたことのない素人であっても動画編集を副業にすることはできます。

 

というのも、YouTubeやTikTok、Instagramなどの需要が高まっている現代のインターネットでは、企業だけではなくインフルエンサーやYouTuberからの動画編集の依頼が増加しているからです。

 

このようなプラットフォームの動画の特徴としては、動画のクオリティよりも高頻度で動画投稿することが求められているため、自分では抱えきれない動画編集を外注する傾向にあります。

 

そして、このような動画はスマホでも編集できるような簡単な内容となるため、編集アプリの使い方を少し勉強すれば初心者でも動画編集を副業にすることができるのです。

動画編集の具体的な副業内容

動画編集の具体的な副業内容は下記の通りです。

 

・YouTube動画の編集

・TikTok動画(YouTubeショート)の編集

・Instagramリールの動画編集

・イベントムービーの作成

・PR動画の作成

・Web広告動画の作成

・ウェディングムービーの作成

・ミュージックビデオの作成

 

このように、身近に使用されている動画は基本的に外注されることが多いため、動画編集の内容は多岐にわたるのです。

動画編集の副業で稼げる金額

動画編集の副業で稼げる金額は、案件の難易度によって大きく異なりますが、1本5,000円〜100万円ほどと言われています。

 

動画編集の中でも単価が安いのが、先ほどもご紹介したYouTube・TikTok・Instagramの動画となり、単価が高額になるのが企業向けのPR動画などで50万円〜100万円になることもあります。

 

また、動画編集と合わせてSNSのディレクションを同時に引き受けることで単価が一気に上がりますので、動画編集とともにSNS戦略などについても勉強しておくと高単価な案件を受けることが可能です。

動画編集を副業にするメリット

動画編集を副業にするメリットは、日々スキルを習得することができ、フリーランスとして独立することができることです。

 

動画編集の仕事内容には、簡単なものから難しいものまでさまざまですので、日々動画編集をこなしていくうちに、どんどんスキルを習得することができ、徐々に高単価な案件を獲得できるようになっていきます。

 

ですので、翌々はフリーランスとして独立したいと考えている方にもオススメの副業です。

動画編集を副業にするときの注意点

動画編集を副業にするときの注意点は、初期費用がかかってしまうことです。

 

最近の副業には初期費用がかからないものも多いですが、動画編集の副業に関しては数十万円のパソコンと月額数千円の編集ソフトが初期費用としてかかってしまいます。

 

また、初期費用をかけたくないからと言って、初めはスマホだけで動画編集をしたり、低スペックのパソコンで編集してしまうと、そもそも仕事にならない場合が多く、スキルの習得にも繋がりませんので、動画編集を副業にするときはしっかりとしたパソコンとソフトを用意することが大切です。

まとめ

 

そこで本記事では、動画編集の仕事内容や必要な機材・ソフト、稼げる金額、さらには副業にするメリット・注意点を解説していきました。

 

動画編集は初心者でもおこなうことができますし、徐々にスキルを付けていければフリーランスとして独立できる可能性の高いほど将来性のある副業ですので、これから副業を始めたいという方はチェックすることがオススメです。

 

ぜひ本記事を参考にして動画編集の副業をチェックしてみてください。

広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、トイレ、浴室など水回り関係の樹脂製品を主に製作しております。

CTR IMG