コロナワクチンは遺伝子組み換えすることが判明!?RNAが逆転写され、ヒト細胞のゲノムに統合される

マサチューセッツ工科大学の研究者たちが「新型コロナウイルスの RNA がヒトDNA に統合される」ことを完全に突き止める。

全米科学アカデミー紀要に査読済み論文として発表。また、ワクチンmRNAからDNAへの「逆転写」がスウェーデンの研究で確認される。

ようやく…ですね。

RNAの逆転写はワクチン接種前からいわれています。

しかし、この件に関しては当時はまだわからないという見解が示されていて、一般的にはデマ扱いされていたことであります。

あの河野太郎ことデマ太郎もこの件をデマだとはっきり仰っていました。

広告

SARS-CoV-2 RNAが逆転写され、ヒト細胞のゲノムに統合されることが示された

引用、参照ページはこちら。

ファイザー社とバイオテック社が開発したCOVID-19 mRNAワクチンBNT162b2の前臨床試験では、

BNT162b2の注射を受けた動物に可逆的な肝機能の効果が認められました。

さらに、最近の研究では、SARS-CoV-2 RNAが逆転写され、ヒト細胞のゲノムに統合されることが示された。

本研究では,BNT162b2がヒト肝細胞株Huh7に及ぼす影響をin vitroで検討した.

Huh7細胞をBNT162b2に暴露し,細胞から抽出したRNAに対して定量PCRを行った.

その結果、Huh7細胞においてBNT162b2が高レベルで検出され、

内因性逆転写酵素であるlong interspersed nuclear element-1(LINE-1)の遺伝子発現が変化することが確認された

BNT162b2 で処理した Huh7 細胞で LINE-1 open reading frame-1 RNA-binding protein (ORFp1) に結合する抗体を用いた免疫組織染色により、

LINE-1 の核内分布が増加することが示唆された。

BNT162b2で処理したHuh7細胞のゲノムDNAをPCRしたところ、BNT162b2に特異的なDNA配列が増幅された。

この結果は、BNT162b2がヒト肝細胞Huh7に速やかに取り込まれ、

LINE-1の発現と分布に変化をもたらすことを示している。

また、BNT162b2のmRNAは、BNT162b2曝露後、

6時間という短時間で細胞内でDNAに逆転写されることも明らかにした。

以上、引用文。

今回のワクチンの逆転写の件について、「自然療法大学」の自然療法士ルイさんがYOUTUBEでわかりやすく説明してくださっています。

今回明らかになった研究は「In Vitro」(インヴィトロ)といって「試験管内で」という意味であり、実際の人間の体でのmRNA逆転写はまだ証明されていません。

これからさらに明らかになっていくことでしょう。

 

最後にDr.ナガセ氏の動画。

彼は、子どもは逆転写が起こりやすいことの仕組みをこちらで説明されています。

ニコニコ動画

ドクター・ナガセが解説/地獄のようなファイザー内部資料/ワクチンはガンへの引き金 [社会・政治・時事] 日系カナダ人…

2021年度1月~12月の人口動態統計

去年2021年度1~12月一年分の人口動態統計です。戦後最多でした!

67745人も多くお亡くなりに…戦後最多の死亡数って只事ではありませんね!

さて、去年2021年ってなにか実施されましたっけ??

広告
広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

CTR IMG