『サンドイッチ』誕生の起源と”毒のある果物”と呼ばれた『トマト』の驚きの背景

食べ物は単なる栄養源以上のものです。それは文化、歴史、そして人々の物語を織り成す要素でもあります。

サンドイッチやトマトのような日常の食品にも、驚くべき背景や起源が隠されているのです。

今回の記事では、これらの食品がどのようにして私たちの食卓に上がるようになったのか、その興味深い歴史を探っていきます。

サンドイッチがカードゲームとどのように関連しているのでしょうか?

またトマトがなぜ「毒の果物」としてヨーロッパで受け入れられたのでしょうか?

 

サンドイッチの誕生の起源とは?カードゲームと18世紀英国貴族

画像引用 Wikipedia

サンドウィッチ伯爵とは?彼の生涯を簡単に紹介

第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギュー(1718年-1792年)は、18世紀に生きたイギリスの貴族です。

1718年生まれの彼は、イギリスの政治と海軍において著名な人物でした。

しかし、多くの業績を残したにもかかわらず、今日最もよく記憶されているのは、料理界にうっかり貢献したサンドイッチなのです

カードゲームと食事:サンドイッチの名前の由来

伝説によると、特に長いカードゲームの最中、伯爵は食べるためにテーブルを離れたくありませんでした。

その代わりに、彼は召使に2枚のパンの間に挟んだ肉を持ってくるように頼んだといいます。

これによって、調理器具を使わず、カードが油で汚れることもなく、食べながらゲームを続けることができたのです。

やがて、他の人たちも「サンドイッチと同じものを」と注文するようになり、この名前が定着したとされています。

広告

サンドイッチの進化:18世紀から現代まで

イギリスのカードゲームから始まったサンドイッチは、世界的な料理現象へと発展していきました。

何世紀にもわたり、様々な文化がサンドイッチをアレンジし、独自の食材や味を取り入れながら変化してきたのです。

フランスのクロックムッシュからベトナムのバインミーまで、サンドイッチはその多様性と普遍的な魅力を証明してきたと言えるでしょう。

トマトの歴史『毒のある果物』といわれた過去

南米発祥のトマトと古代文化との関わり

現代料理の定番であるトマトのルーツは南米にあります。

アステカやインカなどの古代文明はトマトを栽培し、様々な料理に利用していたとされています。

初期のトマトは小ぶりで、現在のふっくらとジューシーな果実とは似ても似つかないものだったそうです。

ヨーロッパへの伝来 “毒のある果物 “との誤解

16世紀にトマトが初めてヨーロッパに到着したとき、トマトは疑惑の目で見られていました。

その真っ赤な色から、多くの人が毒があると信じ、”ポイズンフルーツ “と呼ばれるようになったのです。

この誤解が解かれ、トマトがヨーロッパ料理で人気を博すまでには数世紀を要したのでした。

トマトの受容:ヨーロッパの食文化における役割

トマトが毒の果物というイメージを払拭すると、トマトは瞬く間にヨーロッパ料理の定番となりました。

イタリアのような国々がトマトを受け入れ、ピザやパスタソースのような代表的な料理が誕生したのです。

今日、トマトのないヨーロッパ料理を想像するのは難しいですね。

食の起源を知ることの意義

歴史における食文化の変遷

食の起源を理解することは、人類の文化と文明の進化を知ることにつながります。

社会が発展し、交流するにつれて、品物だけでなく、レシピや料理技術も交換されるようになっていきました。このような食文化の融合が、今日の多様で豊かな食の風景を生み出しているのです。

現代の食生活との関連性:過去から学ぶ

食の歴史を学ぶことで、現代の食生活とそれを形成した影響をより深く理解することができるようになります。

また、食生活における多様性の重要性や、伝統的なレシピや調理法を守る必要性を再認識することができます。

私たちが未来に目を向けるとき、過去からの教訓は、より健康的で持続可能な食の選択をするための指針となることでしょう。

まとめ

サンドイッチとトマトの物語は、食の歴史の豊かなタペストリーを思い出させてくれる魅力的なものです。

私たちの大好きな食べ物の起源を掘り下げることで、その食べ物に対する理解が深まるだけでなく、私たちの食卓にそれらをもたらした文化や文明に対する理解も深まることでしょう。



最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、トイレ、浴室など水回り関係の樹脂製品を主に製作しております。

CTR IMG