職場で「指示を待つ人間」と「自発的に行動する人間」のそれぞれの特徴とは?

日々の職場では、実に様々な働き方に遭遇します。

これらを理解することで、同僚との最適な関わり方やチーム全体の生産性を高めるための貴重な洞察を得ることができます。

これらのスタイルのうち、しばしば並立する2つのスタイルは、自ら動く人間と指示を待つ人間です。

前者は率先して行動する従業員に関連し、後者は指示を待つことを好む従業員に関連します。

そこで、この2つのグループの特徴を掘り下げて理解し、それらが職場環境にどのように貢献するかを考えてみることにしましょう。

指示を待つ社員の特徴

指示を待つ社員は通常、明確な指示と明確なタスクがあるときに最もよく働きます。

これは必ずしもやる気や自発性の欠如を意味するものではなく、むしろ構造的で詳細志向の仕事を好む傾向にあるといわれています。

このような人材は、期待されることや指針を明確に理解しているときに優れた能力を発揮します。

 

  • 信頼性: 指示を待つ社員は、仕事に定められたルールやガイドラインを厳守するため、一貫した成果を出すことが多い。
  • 細部へのこだわり: 明確な指示があれば、反応型社員は手順に従い、特定の基準を満たすことを得意とする。集中的なアプローチにより、正確さが求められる職務で特に効果的。
  • リスク回避: 指示を待つ傾向があるため、性急な決断や不必要なリスクによるミスを犯す可能性が低い。

 

しかし、過度なアプローチには、指示のために管理職に依存したり、予期せぬ事態が発生したときに柔軟性を欠くなどの欠点がある可能性があります。

 

自発的に行動する社員の特徴

一方、自ら動く社員の特徴は、自発性、創造性、行動力にあります。

自発的に行動し、自分の仕事を担当し、革新的な解決策を模索する傾向があります。

 

  • 主体性: 積極的な社員は、チャンスがやってくるのを待つのではなく、自らチャンスを作りに行く。その結果、生産性と効率の向上につながります。
  • 適応性: 自発的かつ柔軟に行動できるため、変化や予期せぬ状況にも素早く対応できる。
  • 革新性: 既成概念にとらわれない思考をする傾向のある社員は、新鮮な視点や新しいアイデアをもたらすことが多い。

 

しかし、自発的であるがゆえに、時には急な決断や、確立された手順から逸脱した行動につながり、リスクを増大させる可能性もあります。

 

適切なバランスをとる

指示を待つ人間と自発的に行動する人間のどちらが優れているということはありません。

重要なのは、潜在的なマイナス面を軽減しつつ、従業員がそれぞれの強みを発揮できるようなバランスを見つけることにあります。

 

例えば、指示を待つ社員は、指示が不明確な場合に明確な説明を求めたり、仕事の範囲内で計算された小さなリスクを取るなど、より積極的な行動を身につけることで利益を得ることができます。

逆に、自発的な社員は、飛び込む前に時間をかけて仕事を十分に理解し、効果的であることが証明されている既存の手順に従うことで、消極的な社員から学ぶことができるのです。

広告

最後に

どの職場でも、ダイナミックで効率的なチームを作るためには、さまざまな個性やワークスタイルが混在している必要があるのです。

積極的な社員と消極的な社員の両方の強みを認識することで、よりバランスの取れた、柔軟で生産的な環境を育むことができるのではないでしょうか。

チームの多様性とは、経歴や経験の違いだけでなく、働き方の違いも含まれることを忘れてはなりません。

こうした違いを理解し、活用することで、より強く、より回復力のある職場を作ることができるのです。

広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、トイレ、浴室など水回り関係の樹脂製品を主に製作しております。

CTR IMG