SIEMENSシーメンス840Dについて【視認性、操作性、効率性、加工性etc】

SIEMENSシーメンス840Dコントロールパネルとは?

コンピュータ数値制御(CNC)の分野であれば、シーメンス840Dコントロールパネルを知らない人はいないでしょう。

その堅牢性、精度、そして高度な機能で高く評価されている840D制御盤は、現代の工作機械にとって必要不可欠なツールです。

このオートメーションの世界に飛び込み、シーメンス840Dコントロールパネル、その言語、そしてCNC業界を大きく変えるその他のユニークな側面を見てみましょう。

シーメンス840Dコントロールパネル: 概要

より深く掘り下げる前に、シーメンス840Dコントロールパネルの特徴を知ることが重要です。

主にCNC加工で使用されるこの制御盤は、汎用性、柔軟性、精度を約束する高性能制御システムです。

複雑な加工プロセスの管理に定評があり、フライス加工、旋盤加工、研削加工、レーザー切断からハンドリング、ロボット加工まで、幅広い用途に適しています。

言語の解読 SINUMERIK Operate

Siemens 840Dコントロールパネルは、工作機械アプリケーション用に設計されたグラフィカルユーザーインターフェースであるSINUMERIK Operate上で動作します。

この非常に直感的なユーザーインターフェースは、マシンモード、セットアップモード、テクノロジーモードと強力なプログラミング機能を兼ね備えています。

広告

直感的な操作

SINUMERIK Operateは、すっきりとしたレイアウトとスマートなタッチ操作による直感的な操作を実現し、機械に不慣れな方でも簡単に操作できます。

使いやすいセットアップ機能、アニメーション要素、シミュレーション、実用的なセットアップガイドなど、加工プロセスを合理化するための多くの機能が組み込まれています。

SINUMERIK Operateの主な機能

  1. ショートカットを使用して迅速なプログラミングと機械設定の実行を支援
  2. 積層造形や高速切削など、最新の製造技術をサポート
  3. 工具と部品の情報を表示、管理
  4. アニメーションとシミュレーション機能を提供し、ユーザーがプログラムの動作を事前に確認することができる
  5. 統合された診断とメンテナンスツールを提供
  6. ユーザーが自分のプログラムを作成、編集、テストできるように、多機能なプログラミング環境を提供

これらの機能により、SINUMERIK Operateは工作機械の操作を簡単かつ効率的に行うことができます。

高度なプログラミング

プログラミングに関しては、Siemens 840DSINUMERIK Operateは2つの主要言語で、ShopTurnまたはShopMillという対話型があります。

後者では、簡単なグラフィカルプログラミングを使用して、複雑な部品を素早く生産することができるため、初心者ユーザーにも経験豊富なプログラマーにも最適です。

また、GコードMコードはファナック(FANUC)と共通しているところが多く、ファナックユーザーは意外とすんなり入り込めるはずです。

ShopTurnとShopMill 対話での操作

シーメンス独自のShopTurnとShopMill機能により、840Dコントロールパネルを簡単にカスタマイズすることができます。

これらのビルトインアプリケーションは、それぞれ旋盤加工とフライス加工に対応し、非常にダイナミックなユーザーエクスペリエンスを提供します。

ワークスペースでの完全なグラフィカルプログラミングを可能にし、リアルタイム更新と機械動作の視覚的確認を提供します。

ShopTurn: 旋盤加工の簡素化

ShopTurnは、サイクルモードと自動モードの両方をサポートし、旋盤加工の制御と監視を可能にします。

マルチチャンネル操作、駆動工具、Y軸加工などの機能を備え、複雑な旋盤加工に最適です。

 

以下に更に詳しく掘り下げてみたいと思います。

複雑さをシンプルに変える

ShopTurnは、その名が示すように、旋盤加工用に調整されています。複雑な旋盤加工を効果的に処理する、シンプルかつパワフルなインターフェースを提供します。

ユーザーフレンドリーなプログラミング

ShopTurnでは、グラフィカルなシーケンスプログラミング(サイクル)を使用してプログラミングを行うことができます。直感的なグラフィカルガイダンスにより、複雑な形状でも簡単に加工シーケンスをプログラムし、シミュレーションすることができます。

包括的な加工オペレーション

ShopTurnは、輪郭加工、ドリル加工、ねじ切り加工、溝入れ加工など、旋盤加工のあらゆる側面を網羅する幅広い加工をサポートしています。さらに、マルチチャンネル加工が可能で、異なるチャンネルでの同時加工が可能です。

駆動工具とY軸加工のサポート

ShopTurnは、駆動工具やY軸加工などの高度な加工にも対応しています。これらにより、ユーザーは旋盤上でフライス加工を行うことができ、機械の汎用性が高まります。

ShopMill: フライス加工に最適

ShopMillは、幅広いフライス加工アプリケーション向けに設計されています。

輪郭加工、穴あけ、ねじ切り、ポケットミル加工などの実用的なソリューションを提供します。

3Dシミュレーションにより、正確なプランニングと完璧な加工を実現し、ミスを減らし、全体的な生産性を向上させます。

 

ではShopmillのほうも更に掘り下げてみたいと思います。

ShopMill

ShopMillは様々なフライス加工に対応できるように設計されています。

その機能は、フライス加工を簡素化し、最適化するように設計されています。

グラフィカルプログラミング

ShopTurnと同様に、ShopMillはグラフィカルなシーケンスプログラミングを提供し、複雑な形状でも簡単にプログラミングできます。

ユーザーはインタラクティブにワークプランを作成し、加工プロセスをシミュレートし、3Dでプロセスを表示できるため、潜在的なエラーを減らすことができます。

幅広い加工領域

ShopMillは、輪郭加工、ドリル加工、ねじ切り加工、ポケットミル加工などの加工に対応しています。

また、3+2軸加工にも対応しているため、ユーザーはワークピースを任意の角度に配置し、2D加工を行うことができます。

3Dシミュレーション

ShopMillの特筆すべき機能のひとつに、3Dシミュレーションがあります。

これにより、ユーザーは3D環境で加工作業をシミュレーションすることができ、実際の加工前に潜在的な問題を予見することができます。

これにより、無駄を省き、精度を高め、生産性を向上させます。

接続性 シーメンス840Dとのシームレスな統合

Siemens 840Dコントロールパネルの特長のひとつは、シームレスな接続性です。

SINUMERIK Integrateにより、制御盤はより高度なITエコシステムに接続することができ、製造プロセス全体の効率を高めることができます。

840Dはリモートアクセスにも対応しており、ユーザーはいつでもどこからでもシステムを監視・管理することが可能です。

個人的見解

弊社の所有するDMU50がこのSIEMENS840Dなのですが、最も素晴らしいと思ったのが、3D曲面(3次元形状)での加工仕上がりです。

とにかくキレイかつなめらかな曲面で、細かいピッチで送れば通常工具での磨きレスも可能なのでは?と思わせるほど。逆にそのデメリットとして、CAMで吐き出した推定加工時間の1.5倍ほどかかってしまうことがあります。

視認性や効率性も素晴らしく、何をするにしても操作に無駄がない印象で、Shopmillという対話型のプログラミング操作も同様です。次のマシニングセンターも、できることならシーメンスが良いと思えるほど、素晴らしい制御盤だと思います。(個人の感想です)

まとめ

まとめると、シーメンス840Dコントロールパネルは、CNC加工用の多用途でパワフルな先進の制御システムだといえます。

その言語であるSINUMERIK Operateは、ユーザーフレンドリーで豊富な機能を備えており、オペレータは複雑な加工プロセスを実行するために必要なすべてのツールを利用することができます。

ShopTurnやShopMillなどの追加機能や、ITシステムとのシームレスな接続機能により、840DはCNC業界で真に傑出した存在となっています。

そのため、CNCの初心者であろうと経験豊富なプロフェッショナルであろうと、この先進的な制御システムを深く検討する価値があります。

シーメンス840Dが提供する精度、制御、接続性から、あなたの加工工程は間違いなく恩恵を受けるでしょう。

広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、トイレ、浴室など水回り関係の樹脂製品を主に製作しております。

CTR IMG