消費税とは国民にとって平等な課税なのか?

広告

消費税は必要ない

ずいぶんと前になりますが、

テレビで「消費税は全国民にとって平等な課税」とかなんとか

言っていた記憶があります。・・・思い出しました、民主党政権の時代です。

上島竜平似の野田総理大臣だった時代ですね。

 

さて、平等かどうかですが、これは明らかに不平等です。

食料品ひとつとってみてもわかることですが、年収300万円の家庭と

年収2000万円の家庭で、どちらが負担が大きいかといえば間違いなく

年収300万円の家庭のほうが負担が大きくなります。エンゲル係数というものですね。

お金持ちだからといっても食べるものなんてのはそうそう変わるものではありませんし、

金持ち用に2000円の人参やキャベツが用意してあるわけでもないんですよ。(でもどこかにあるかも?)

テレビ番組というのは、あくまでスポンサーあってのもので、当然そのスポンサーに

不利になるような番組は作らないし誰かがお金を出している以上、その誰かの都合の良いことしか

言わないのは少し考えれば誰でもわかることです。

つまり、、、大金持ちが世の中を洗脳するためのツールともとれることになります。

そう考えると、マスメディアというのは常に真実を伝える媒体なのではなく、

あくまで娯楽の域であるということを肝に銘じておかなければいけません。

広告

補足

消費税を上げる目的はだれのためでもありません。

財務省担当者の出世のためだともいわれています。

最近はMMT(Modern Monetary  Theory)現代貨幣理論について

批判的議論が財務省の傀儡やアメリカなど、ところどころで勃発しておりますが、

MMTが正しいという証明は実は日本がすでに証明してしまっています。

ちなみにMMTとは

通貨発行権を持つ国家は債務返済に充てる貨幣を自在に創出できるため

財政赤字で国は破綻しない」という理論のことです。

(注意:自在に創出と言ってもインフレ率によります)

お金が必要であるなら国は公共投資や医療保険などに財政出動するべきだということです。

(ただし、どれだけでもというわけではありませんのでそこは誤解しないでください)

(今回は詳しい内容は割愛させていただきます)

これが正しいわけですなのですから、

当然、消費税はそもそも必要ない!というわけです。

もっとわかりやすいところで言えば、

通貨発行権を持つ国は、

どう頑張っても「デフォルトできない」

ということになりますね。

 

 

国民を苦しめるだけの消費税は元々必要ありません

考えてみてください。

明治時代から国の債務は何倍になったかご存知ですか?

なんと!3740万倍なんですよ。

どこかから借りているわけでもない自国通貨の金額が増えているだけで

なにか問題ありますか?

資本主義とはそういうものではないですか?

借金をするから世の中にお金が出回り経済が潤うんじゃないんですか?

(国民はお金をゼロサムゲームかのように

最初からいくらか神様のような方からお金が支給されていて世の中にあるお金は有限であり、

それの取り合いなんだと考えられているような気がします)

三橋貴明先生の言う「お金のプール論」もこのことですね。

 

一般の人がお金を銀行から借りる際、銀行は通帳に記載するだけで完了です。

わざわざお金を刷ったりしませんよね。

つまりは??そういうことです。

ちょっと大げさですが、国の借金も「ピっ!」で終了!(笑)

元々消費税を上げる必要は全くないわけですね。

広告

関連記事としてこちらも是非!

マンガでわかるこんなに危ない!?消費増税 日本国民なら必ず読むべき(見るべき)書籍のまとめ

広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

CTR IMG