2025年7月の大災難は予想以上だった!?「私が見た未来・完全版」たつき諒著で明らかになった日本の未来

飛鳥新社から出版の「私が見た未来・完全版 たつき諒」 がついに発売されました。

今回は過去記事2021年夏に首都直下型地震と富士山噴火が同時にくる!?たつき諒先生の予知夢と未来人の暗号解読の続きとして書かせていただこうかと思っております。(過去の記事にも付け足して書いてもよかったのですが、内容的に繋げるには流石に無理があると判断したため新たに記事を書くことにしました)

広告

全ての日本人にとって最も重要な時期:2025年7月の大災難とは何?

2025年7月に起こる大災難というのが、予想通りといってよいのか、超巨大大津波だということがわかりました。

しかも、それは東日本大震災のレベルではなく、その3倍はあるというのです。

何でそんな巨大な津波が起きるのか?それは日本国内で起こる巨大地震でも、富士山噴火でもありません。いや、巨大地震も起こるのかもしれませんが、発端はフィリピン海でのなんらかの爆発のような出来事が原因なのだそうです。

本の写真を載せることはできないのでグーグルマップで同じ位置(震源地)に赤丸をしました。

北に日本、西に台湾、フィリピン、南にインドネシア、東は北マリアナ諸島と、これらを結ぶひし形の中心(上の図の赤丸部分)でそれは起こるようです。

また、表現としては「ボコンと太平洋の水が盛り上がる」たつき先生は仰られて、これが、海底噴火なのか、爆弾なのかは特定できないそうです。

そこから四方八方に津波が発生することから、日本のみならず、台湾、フィリピンほか周辺国すべてに大津波が押し寄せることになります。

その後波の衝撃で陸が押されて盛り上がって香港、台湾、フィリピンと地続きになる感じに見えたのだとか…恐ろしいほどの変わり様ですね。

今年2021年7月に同じ夢をもう一度見る

一度目の予知夢は過去にインドに行っている時に見たそうなのですが、今年2021年7月にも同じ夢を見たというのです。

今度は日付までしっかりと記憶、メモしていて、その日時は2021年7月5日AM4:18ということでした。詳しいメモ書きは本誌に2ページにわたって掲載されています。

日付が確かなら2025年7月5日頃に起こるといえます。時間に関しては夢を見た後に起きてメモをした時間、つまり夜中(というか朝方)なのでAM4:18というのはメモをした時間ということで違うでしょう、普通の生活なら夜に寝て朝起きるのは普通ですからね。ただし、漫画の中で、たつきさんが夢の中、大津波の大災害に遭ったあとに目覚めて腕時計を見る1コマがあり、「気が付くと5時頃で止まってた」という場面があります。もしかすると5時、もしくは17時頃なのかもしれません。

大災害は2011年3月というのは東日本大震災の津波ではなく2025年7月ことをだった!?

たつき先生の予知夢で最も有名なのはあの2011年3月11日の東日本大震災です。しかし、漫画で描かかれていた大津波というのは東日本大震災のことではない、とたつき先生は仰られています。その予知夢の津波というのは東日本大震災の規模よりもさらに大きなもので、実はあれが2025年7月に起こる大災難の夢だったのでは?と今では思っているようです。

もしそうだとすると、2025年7月の大災難の夢は合計3回見たことになりますね。

それに、2011年3月という日付は「私が見た未来」の締切日に夢に出てきたのだということらしく、元々東日本大震災にそれが結びつくとかそのときはわからなかったそうです。それにしてもとんでもない偶然ですよね!結果的にその日付が現実になってしまうのですから。やはり、たつき先生には何かしらの天啓が得られているのでしょう。

ちなみに天啓とは

などの超自然物から与えられたお告げのこと。様々な宗教の開祖は、天啓を受けてその宗教を始めたといわれている。

ウィキペディアより引用

2025年7月、信じる者は救われる!?

毎度のことながら、信じるか信じないかはあなた次第ということで、本誌でたつき先生がおっしゃられていますが、「大切なのは準備すること、災難後の生き方を考えて今から準備・行動しておくことの重要さを認識してほしい」ということなのです。

東日本大震災当時、あんな大津波が来るとは思わずに「大丈夫だろう」と楽観視し、非難しなかった、もしくは出遅れた大勢の人たちが津波に飲み込まれてしまった、という話を聞いたことがあります。しかし、2025年に来るとされている津波はそれとは比べ物にならない程想像以上のものだとたつき先生は仰られています。その規模は本誌によると太平洋側の3分の1~4分の1が飲み込まれてしまうほどのもの。

備えあれば患いなしとは言いますが、これを信じて準備、避難、そしてその後のことも考えられれば相当多くの人たちが助かるのは明白ですね。逆に来ないだろうと楽観視して、逆に本当に来てしまったら、その時はもう既に逃げ場はないかもしれません。とにかく内容的に太平洋側の被害が南海トラフの想定どころではないようなので、2025年7月まで超巨大大津波が来たらどうするかを考えておいたほうが良いと思います。

例えば避難とかじゃないんですが今回話題のコロナを機にテレワークが可能となった方たちや会社移転になった方などが地方の田舎に引っ越したりっていうのはタイミングが良かったのかもしれません。(誰もがそうできるわけではないですが…都会は決まって海辺なんですよね)

勿論なにもこなければそれに越したことはないんですが。詳しいことは「私が見た未来・完全版」を読むべき!

その後の世界は意外とポジティブ?

たつき先生曰く、2025年7月の大災難以降の人類はかなりの犠牲者が出るものの、その後の人類には「ものすごく輝かしい未来」!?が見えているようです。
この大災難が起こった後の世界は、具体的なイメージは見えてないものの「地球全体ですべての人々の状態が明るく輝き、活き活きと暮らしている」というイメージを感じているそうです。安心こそが幸せだと思える社会、労働力を提供しあう、隣近所みんなで助け合う社会、そんな時代がやってくるのではないか、というのです。
心の時代、心と魂の進化が起こると。そういえばスピリチュアル系の世界でもそのようなことが近年よく言われていますね。日月神示でいうミロクの世(369)とか。確かミスター都市伝説関暁夫さんもそんなことを言ってたような記憶があります。(しかし、実際にはそういった聞こえの良い「皆が助け合う明るい未来」というよりは、大災害によって助け合わなければ人類生きていくことができない時代になるんじゃないかな?と思っています)

ということで、今回は待望の「私が見た未来・完全版」の2025年7月の大災難の詳細について書きました。が、これは本誌に載っているほんの一部に過ぎず、漫画をはじめ、夢日記の実際の内容や予知夢の真相など見所満載です。アマゾンで1位取っていたので興味のある人は購入された方が多いと思いますが、読まれてない方にはぜひお勧めいたします。

広告

追記:未来人2062氏曰く「2025年7月5日には…」

皆さんあの未来人2062氏がYOUTUBEチャンネルを開設されて活動していることをご存知でしょうか?

実は今回の表題の件、「2025年7月5日」の大災難について、本当にくるのかこないのか?未来人である本人が答えている動画があります。

2062氏は動画内で、「2025年7月5日に大災害は来ない!」「100億%ない!」と断言されています。

?本当にこれを鵜呑みにして楽観してもよいのでしょうか?いや、そうでもありません。

来ない、といっても「その日には来ない」といっているわけで、今後まったく来ないとは一言も申しておりませんね。そして最後の「7月5日には来ない」というところがポイント。前年かもしれないし、翌年かもしれないし、一日違いとか次の日かもしれないし、今後たつき先生の言う「大災難」がくる可能性は十分にありえるわけです。

※ちなみに私は未来人を信用しておらず、自称未来人は現代人だと思っています。

関連記事としてこちらもどうぞ

「トカラの法則」によって南海トラフ巨大地震はもうすぐそこ!?今年の異常なまでの地震の数と巨大地震は関係あるのか

2025年は海底噴火説が濃厚!?

先日のトンガの海底噴火。あれを見てたつき先生の2025年の大災難をイメージされた方は多いかと思います。

BBCニュース

南太平洋の島国トンガ諸島で15日午後5時10分(日本時間午後1時10分)ごろ、海底火山が噴火した。日本とアメリカはそれぞ…

たつき諒先生の「ボコンと太平洋の水が盛り上がる」のイメージまんまです。

これが日本に近い2025年7月にフィリピン海で起こるということなのでしょう。

ムー公式チャンネル より
【予言】トンガ海底火山噴火と「私が見た世界」の関連は?たつき諒・予知夢を考察【ムー編集長・三上丈晴】

しかし問題は、フィリピン海での海底噴火は本当にあり得るのか?ということです。海底火山がフィリピン海に無かったら海底噴火もそもそもあり得ないわけですからね。ということで少し調べてみたのですが、普通に危なそうなのがそのあたりにちらほらあるそうです。

NEWポストセブン 日本も要警戒、フィリピンエリアなど隠れ海底火山MAPより画像引用

上の図で見ると南西諸島エリアとフィリピンエリアがちょうどたつき先生の予知夢の位置と重なりますね。

ジオリブ研究所所長で神戸大学名誉教授(同大海洋底探査センター客員教授)の巽好幸氏曰く、

「活火山は噴火してから1万年以内のものを指しますが、実際の火山の寿命は100万年ほどです。日本に100万年以内にできた火山は300ほどあり、これら全てに噴火リスクがあると考えなければならない。海底火山についての詳しい観測データはほとんど存在せず、どこがいつ噴火するか誰も分からない状況なのです」

NEWポストセブンより引用

また、フィリピンには無名の海底火山(イヴホス島)というものがあります。(正確にはイヴホス島近くにある海底火山)

無名の海底火山=アンネイムド・ボルケーノということですが、たつき先生の予知夢を知った後からこういう存在を知ると、なにやら不気味にみえてきますね。

この海底火山は1854年以来、噴火の報告はされていないようです。

広告

M10の超巨大な海溝型地震が起きれば、80mクラスの巨大津波が襲ってくる可能性はある!?

もしかすると、もしかするという可能性ですが、なにもマグニチュードは9.0までとは限りません。(東日本大震災はM9.0)

M9.0ですら現人類にとっては一生に一度体験するかどうかの規模なのですが、

たつき先生の予知夢はM10の超巨大地震も付いてくるという可能性もあり得るわけです。

引用元 るいネット より

関西大学の河田恵昭教授によると、マグネチュード(M)8の海溝型地震時に発生する津波に対し、それがM9だと「14倍(1.3の10乗=13.8)」、M10だと「51倍(1.3の15乗=51.2)」の津波になると言う。
そして、今度の海溝型地震である南海地震は、M10という2000年に一度の超巨大地震になる可能性があるといわれている。とすると、東北大震災がM9の海溝型地震で、津波の波高は約7mだったので、単純にM10の場合に換算すると、7m×14倍=98mの超巨大な津波の波高になる。
これは非現実的な数字ではなく、(地質から)歴史的には過去に80m級の津波は実際に発生している。

歴史的には80m級の津波は発生しているとのことですが、M10の場合だと約98mの津波ということで

たつき先生の予知夢である東日本大震災の40mの3倍はあるという表現からして、大災難に大地震が起きるとすれば?

M10の超巨大地震ということも考えられますね。

そうなれば流石になすすべ無しです…

広告

たつき諒(Tatsuki Ryo)さんとは

12月2日生まれ、神奈川県出身。横浜在住。

1975年、「月刊プリンセス」(秋田書店)でデビュー。

著書に「人形物語」「時の中の少女」「水色の航空書簡」「タージマハール廟のある朝」ほか。

「私が見た未来」は1994年~98年に雑誌

「ほんとにあった怖い話」および「恐怖体験」上に掲載された漫画をまとめたもので、

99年に朝日ソノラマより単行本化。同99年、漫画家を引退している。「私が見た未来」から、

東日本大震災を予言した漫画家として注目を集める。

以上、「私が見た未来・完全版」より抜粋





広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、トイレ、浴室など水回り関係の樹脂製品を主に製作しております。

CTR IMG