マシニングセンタの扉の窓が破損した工具によって割れる事故発生

弊社の5軸マシニングセンタ、

DMG森精機DMU50の扉の窓に大きくヒビが入ってしまいました。

なんか今年事故多すぎ。。。

広告

マシニングセンタの窓が割れる!?

割れた(ヒビが入った)結果がこちら

かなり広範囲にヒビが入る
結構危ないところも!

ヒビが入ってしまった原因は工具破損

ある時8mmのドリル加工を割り出し5軸加工で穴あけをしていたときでした。

穴あけの条件は安全で正しいプログラムでしたが、

深穴加工の途中で折れてしまい、その折れたドリルが前の扉に「バシっ!!!」と当たってしまったのです。

 

ほんの一瞬の出来事でしたが、たかだか8mmのドリル如きで見事に窓に大きなヒビが出来てしまいました。

広告

窓のガラス(アクリル板)の交換費用は〇〇万!!

早速販売店様のほうから見積もりをとっていただいたところ・・・

60万以上の費用がかかることが判明!

これは保険使わないと無理ってことで、リース会社のほうに保険の申請をすることにしました。

 

1週間ほどで手続きが終わり、無事に保険が全額下りることとなりました。

DMU50の窓がちょっと薄いのも問題?

8mmのドリルが折れたのが当たったくらいでこの破損・・・

16mmだったら突き破っているでしょうか?まあそこはわかりませんが

ちょっと脆いかな~と思います。ていうか思ったよりも脆かった。。。

 

同じDMG森精機のNVX5080と窓の厚みを比べると、

NVXは10mm以上あるのに対し、DMU50は7~8mmほどしかないように見えます。

窓に少しでもヒビが入ったり、強い衝撃が加わると一気に窓全体の強度が下がるので要注意

これは取説にも書いてあることですが、こうしたヒビが入るなどの破損があった、もしくは

大きな衝撃が加わった場合には、窓の強度を著しく下げてしまうようです。

こうなってしまった場合は、次に同じような衝撃が加わった場合に突き破ったり

場合によっては大事故、機械の使用が続行不可能などの恐れがあるため、

速やかにサービスセンターへ連絡して、交換の手続きをとらなければいけません。

それにしても今年は色々ありすぎる・・・

マシニングセンタをぶつけるとか、破損とかなぜか今年は色々ありました。

今回の件の修理は、部品がドイツかららしく、交換時期が3か月ほど先になるそうで、

下手したら来年かもしれません。(保険だけ先に下りてしまった・・・)

今の状態でも全然機械は使用できるので、色々と注意しながらやっていきたいと思います。

広告
広告
最新情報をチェックしよう!
    >有限会社 名岐金型

    有限会社 名岐金型

    プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

    CTR IMG