G73高速深穴ドリリングサイクルのプログラム例 Gコード

今回は固定サイクルGコードG73について例を出して解説したいと思います。

穴あけ固定サイクルのGコードまとめ NC

FANUC 穴開け用NCコードを解説!固定サイクルについて

広告

G73高速深穴ドリリングサイクルとG83の違い

まず、G73とG83の深穴ドリリングサイクルとの違いが分かり辛いので

ここでG73とG83の使い分け方をご説明いたします。

簡単にいえば、

  • G73はさほど深くない穴用(止まり穴)
  • G83は結構深い穴用(貫通穴)

こんな感じです。

曖昧な表現でしたがZの深さが(※)5Dを基準に、5D以内ならG73で、

5D以上ならG83で、というところです。

(※)Dはドリル(工具)直径のこと

つまり5mmのドリルの場合はZ-25.以内ならG73、

Z-30.ならG83にしておく、という感じですね。

(5mm x 5(D) = 25 )

(5mm x 6(D) = 30 )

G83の動き方

G83の動き方は下図のようになります。

dの値は機械側の設定によって違いますが通常1mmになっていると思います

Z-15.まで穴をあける例ですが、-5までいって早送りでR点まで戻り、

早送りでd(Z-4.)まで移動して指定のF値で-10まで行き・・・という動きです。

広告

G73の動き方

G73も似た動き方ではあるのですが、G73の場合はR点までいちいち戻りません。

機械側で指定されたdの位置まで戻り、穴あけを再始動するという動き方で

-5まで行ったらちょっとだけ上がって再び-10まで行くという感じになります。

dの値は機械側で設定されていて、初期値は0.1mmになっていると思います

このようにG83と比べてG73の方が速く穴があけられるということがわかると思います。

G73のプログラム例

ではG73のNCプログラムを例に出してみます。

X40.Y40.とX-40.Y40.に2個穴を開ける例です。

N1;

G90 G00 G54 X40. Y40.;

G43 Z10. H1 S850 T1;

M03;

G99 G73 Z-15. Q5. R3. P100 F35;

X-40.;    ・・・・・・・・・・・・・・・・2個目の穴ピッチ

G80;     ・・・・・・・・・・・・・・・・・G73のキャンセル     

 

RはR点の距離

Qは1回当たりの切り込み量

Pはドウェル時間 P100=0.1秒

Fは送り速度

G80はG73のキャンセル

 

まとめ

G73はG83と違って毎回R点まで戻らず、dまでほんの少し戻って再び穴あけをする。

 

G73とG83の使い分けとしましては、浅い止まり穴(例えばキャップボルトの下穴など)だったら

G73を、比較的深い貫通穴などであればG83というところです。

弊社ではあまりG73を使うことは無くすべてG83でやってしまってますが。

 

ここでG73、G83共になぜ毎回毎回一度上へ上がるのか?という基本的な部分についてですが、

切り屑の排出と浮いた隙間への切削油の充填が出来ることで

工具に無理なく深穴があけられるためです。

 

戻り量dの値はプログラムのほうでは設定不可能で、

機械側のほうにパラメータを設定する箇所がG73,G83共にあるかと思います。

 

ということで今回はG73とG83の深穴ドリリングサイクルの違いについてと

G73のプログラム例についてでした。

 

関連記事

G82カウンターボーリングサイクルの使用例について 固定サイクル 【FANUC Gコード】

穴あけ固定サイクルのGコードまとめ NC

FANUC 穴開け用NCコードを解説!固定サイクルについて

広告

 

広告
最新情報をチェックしよう!
    >有限会社 名岐金型

    有限会社 名岐金型

    プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

    CTR IMG