【MAKINO】 金型加工CAMスキルアップオンラインセミナに参加してみた 

先日MAKINOが主催するオンラインセミナに初めて参加してみました。

牧野フライス製作所は、幅広い製品ラインナップ(切削加工機・形彫放電加工機・ワイヤ放電加工機・レーザ加工機・CAD/CAM…

YouTube

牧野フライス製作所の動画ページです。…

今回のセミナ内容はCAMのスキルアップについて。MAKINOのFFCAM所有者向けではありますが、FFCAMを持っていない方の参加も大歓迎らしく、弊社もFFCAMは所有しておりませんが、どういうものかと興味があったので参加してみることにしました。

このMAKINOのオンラインセミナ、大体午前8時30分~9時あたりにメールで募集が始まるんですけど30分たたずに定員に達してしまうんですよね。今までも何回か申し込もうとしたことがあったんですけどことごとくはじかれてしまい、今回が初ということになりました。

で、今回受講した内容は以下のものになります。

1. FFCAMのご紹介
標準機能、同時4軸5軸機能オプションのご紹介

2. スキルアップ
・高精度なNCデータ作成
・効率的な荒加工
・工具寿命を延ばす方法
・ストック加工とコーナR加工の使い分け
・工具干渉を考慮したデータ作成
・工具負荷一定の等高線加工
・アプローチ痕を減らす方法
・スパイラル動作の活用
・加工時間、切削距離でデータ分割する方法
・ワンクリックマスキングとパスアシストの使い分け
・CAMの自動化

今回の内容は今年6月に配信されたもので、再配信の内容だそうです。前回が好評だったようで今回再配信されたということでしょう。(とメールに書いてありました)

広告

MAKINOオンラインセミナで得られたこと

私もだいぶCAMは長くやっているので今更感がないこともないのですが、復習や新たな発見があるかもしれないと思い参加してみた次第です。あと普通に興味があった笑。

そこで今回受講してみて「役に立った」と個人的に特に思った内容を挙げてみます。

  • 荒取りでのアプローチのヘリカルと接線の使い分けについて
  • 主に荒取りでの工具寿命を延ばす方法について
  • スパイラルの活用について

おおまかに以上の3点ですね。CAMですから一応ほとんど知っている内容ではあるのですが、自分があまり意識してこなかった、こうすればもっと加工時間を短縮できる、工具寿命を延ばせる、といったことに気づくことが出来たと思います。特に高送りなどの高効率な荒取りをやる場合はそういったことを無視しがちでした。スパイラルの活用についても私は何かと等高線などでほとんどやってしまうのですが使い分けもしてみようかと興味を持ちました。(セミナの内容については割愛させていただきます)

尚、オンラインセミナには画面右側にチャット形式でリアルタイムでセミナの内容についての質問ができるようになっていました。私は質問はしませんでしたが、多くの方が質問しておられましたね。いろんな業種の方がいらっしゃったと思いますが、そんな多方向からの質問に言葉のみで一つ一つ回答するオペレーターの方を凄いな~と感心してみていました笑。

時間は前半後半で休憩を挟み実質35分ハーフくらいでした。時間的にもダレずに受講できる最適な時間だったと思います。

また、機会があればオンラインセミナに参加してみたいと思います。

広告



広告
最新情報をチェックしよう!
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

CTR IMG