プラスチック金型での主な成形不良とその原因について

今回は成形不良の状態とその原因について

簡単にまとめてみたいと思います。

広告

成形不良の状態と原因

ある不良状態に対して「成型機」「金型」「成型材料」の順に

原因をまとめて挙げていきたいと思います。

今回第一回目は、充填不良、バリ、ヒケ、ウェルドライン、表面の光沢不良、くもりについて。

充填不良の状態

成形機

  1. 材料温度が低い
  2. 射出圧力が低い
  3. 材料の供給不足
  4. ノズル穴径の過小
  5. シリンダー・ノズルのつまり

金型

  1. ゲート・ランナーが小さい
  2. ゲート位置が不適正
  3. エアベントの位置が不適、または無い
  4. 型温が低い
  5. コールドスラグがランナーorゲートに詰まっている

成形材料

  1. 流動性が悪い
  2. 潤滑不良
広告

バリの発生

成形機

  1. 型締力の不足
  2. 射出圧力が高い
  3. 材料の供給過剰
  4. 材料温度が高い

金型

  1. パーティング(PL)面の傷、異物
  2. 機械能力に対し、投影面積が大きい
  3. 型温が高い

成形材料

  1. 流動性が良すぎる
広告

ヒケの発生

成形機

  1. 射出圧力が低い
  2. 射出速度が遅すぎる
  3. 材料温度が高い
  4. 保圧時間が短い
  5. 材料の供給不足

金型

  1. 型温が高い
  2. 成形品の肉厚が不均一
  3. ゲートが小さい
  4. 冷却時間が短い
  5. 突き出しの不適正

成形材料

  1. 材料が柔らかすぎる
  2. 収縮率が大きすぎる
広告

ウェルドライン

成形機

  1. 材料温度が低い
  2. 射出圧力が低い
  3. 射出速度が速い

金型

  1. ゲート・ランナーが小さい
  2. 型温が低い
  3. ゲート位置が不適正
  4. エアベントが不適正

成形材料

  1. 硬化が速過ぎる
  2. 乾燥が不十分
  3. 潤滑不足
広告

表面の光沢不良・くもり

成形機

  1. ノズルのつまり、または径が小さい
  2. 材料の供給不足

金型

  1. エアベントが不適正
  2. ゲート・ランナーが小さい
  3. 腐食対策が不十分
  4. 離型材過多

成形材料

  1. 乾燥が不十分
  2. 揮発性が大きい
  3. 異物が混入している

以上、参考書籍 MISUMI 技術データより

広告



広告
最新情報をチェックしよう!
    >有限会社 名岐金型

    有限会社 名岐金型

    プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

    CTR IMG