射出成形金型のアンギュラピンで抜くスライドNG例1 NG example

広告

金型のスライド

金型のスライドで一般的によく使われるのが

アンギュラピンで抜く方法です。

今回はアンギュラピンで抜くスライドのNG例を一つご紹介し、

原因と対策をご紹介したいと思います。

 

NG例

プラスチック射出成形金型の一般的な方法にスライドがあります。 スライドでもちょっとした設計ミスで不良を起こす原因となって…

上記サブサイトでNG例を紹介しています。

どこが駄目なのでしょうか。。。

もう一度良い例と悪い例を図でご紹介します。

良い例です 特に問題ありません

 

悪い例です どこが悪いでしょうか

答えは距離になります

スライドの底を支えている面積が

良い例は3分の2はあるのに対し、

悪い例は3分の1ほどしかありません

 

なぜこれが駄目かというと、

アンギュラピンでスライドを必要以上に

傾けてしまい、過剰に負荷をかけるためです。

 

なぜスライドが傾くかといえば

スライドには動きを良くするため若干の隙間を作っているためと

受ける範囲が小さいために余計にスライドが浮き上がりやすくなるためです。

 

これで成形しつづけるとどうなるか

これで成形を続けると、

スライドにカシリが出て、

製品や金型の破損に繋がります。

スライドがカシる

スライドが動かなくなる

アンギュラピンが曲がるか折れる

金型も破損 金型が閉まらなくなる

 

対策方法は?

対策は

どうしても製品を抜くためのアンギュラピンに長さが必要な場合は

やむを得ず、

モールドベースのスライド部分に受けを足してあげる必要があります。

レールまで付けた両サイドコの字のものが好ましいです

製品が抜けるまでにそこまで距離が必要無かった場合は

アンギュラピンを短いのに変更するだけで良い時もあります。

(設計ミスでない限りほとんどそれは無いですけどね)

 

弊社でも図と同じパターンではありませんが、型構造の面で

やむを得ずに似た影響を受けてしまった金型がありました。

それは非常に縦長のスライドだったのですが、そういう形状のものも

倒れやすいために要注意になります。

 

まとめ

NGを防ぐ対策としては

スライドが接する面積を可能な限り増やすことで

傾きを押さえることです。

他によくあるトラブルが、潤滑油不足か

スライドの逃がしが足らずにカシリが出てしまうというものですが、

こういったアンギュラピンの影響でカシリが出てしまうこともありますので

原因が分からない場合はそこを調べてみるといいかもしれません。

広告

スライド関連としてこちらもあわせてどうぞ

金型スライドに有効なカシリ防止策1 Injection Mold Slide

スライド無しでアンダー部が抜ける方法&製品例 射出成形金型

最新情報をチェックしよう!
広告
>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え改造、修理も承っております。キッチン、水回りの樹脂製品が主ですが、家電、医療の分野のお仕事もさせていただいております。

CTR IMG