SEARCH

「パーティングライン」の検索結果7件

  • 2020年1月26日
  • 2020年2月17日

基礎の基礎 射出成型金型の抜き勾配の求め方 関数電卓を使った簡単な方法

メーカーから渡される3Dモデルって大体勾配がついてないんです。 そりゃ勾配ありきで設計をしてないから当然といえば当然?なんですが、 勾配をつけることでデザインそのものや設計に不都合な出来事も起こりがちですよね。。。   関連記事としてこちらもどうぞ 射出成型金型で抜き勾配の影響でパーティン […]

  • 2019年9月30日
  • 2020年2月17日

射出成型金型で抜き勾配の影響でパーティングラインに段差が出来てしまう例

射出成型金型には製品を取り出すために キャビ、コアともに必ず抜き勾配というものが必要になります。 一般的には0.5°~1°が多いですが、シボ面になると最低5°必要なものもあり 製品によって様々なのですが、 パーティングラインの基準をどこにするかによって、 抜き勾配の分だけどうしても製品に段差がついて […]

  • 2019年9月1日
  • 2020年2月17日

金型でインローを必ずつけるべき形状(製品)とは?

以前インローの構造、意味、役割についてなどを書きました。 金型のインローの構造、意味、役割について injection Molding インローは便利な構造ではあるのですが、 とにかくどんな金型にもがあれば良い!(あったほうが良い)というわけではなく、 当然ながら必要のない金型も沢山あります。 やる […]

  • 2019年8月5日
  • 2020年2月17日

射出成型金型によるストリッパープレートによるエジェクタでの注意点

金型の一般的なエジェクタ方法にストリッパープレートを使う方法があります。 主に意匠面の関係でエジェクタピンを使用できない場合であったり、 製品が縦に長すぎてエジェクタピンを使用できない場合であったり、 内ネジの製品であったり…etcなど、さまざまな場面で使用機会が出てくることがあります。 […]

  • 2019年7月28日
  • 2020年2月17日

金型のスライドの戻るタイミングを遅らせる方法と注意点

例えば、PL面が開くまえにストリッパープレートが アンギュラピンによってスライドに引っ張られて先に開いてしまうのを防ぎたい! A部分よりも先にB部分が開いてほしい!など スライドの開くタイミングを遅らせたい場合も金型によっては出てくることかと思います。 そんなときの簡単な対処方法を、今回は書いてみた […]

  • 2019年5月18日
  • 2020年7月19日

金型スライドに有効なカシリ防止策1 Injection Mold Slide

金型修理のあるあるとしてスライドのカシリがあります。 最も一般的なのが、成形時の温度上昇による金型の膨張により スライド摺動面に負荷がかかることで起こってくるものです。   ちょっとしたこすれからエスカレートして、最終的にはアンギュラピンを 折ってしまうほど頑固な食いつきが起こったり、 途 […]

  • 2018年12月28日
  • 2020年2月17日

金型のパーティングライン(PL)、キャビティー、コアについて

金型のパーティングラインとは? PLと呼ばれるもので金型の分割ラインを表します。 ここからキャビティー(主に固定側)コア(主に可動側)に分けられて 最終的には金型のPL面が開いて商品が取り出されます。   今回この製品を作ってみたので これで進めていきたいと思います。   抜き勾 […]

>有限会社 名岐金型

有限会社 名岐金型

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

CTR IMG